有料老人ホーム集客法(戦略編2)

WEBにお金をかける
有料老人ホームを運営するにあたりホームページを作成することは常識化しています。その常識があるにもかかわらず、重要視している事業所は少ないように思います。

無料紹介会社が流行るぐらいですから、有料老人ホームの認知度はまだまだ低く、素人では比較検討が難しいです。

分からないことを比較検討するのに何を使えば一番簡単に出来るでしょうか。
我々も日々行っているネット検索です。

外注してSEO対策
ネットで上位表示されなければ意味がありません。大手企業や紹介会社が溢れかえる市場で選んでみてもらう為には素人では限界があります。

プロに外注しグーグル検索エンジンで例えば「新宿  有料老人ホーム」と入力すれば1番か2番目に表示されるようにしましょう。

重要なホームページ作成も最初に作成したマンションの紹介に見間違えるかっこいいだけのものや自作?とも思える貧素なもの様々です。競合事業所に差をつけましょう。

利用者ニーズから掲載する項目を決める。

生活がイメージできる部屋、明るい外観
買い物や外出は花見
食事は人気の寿司やスイーツ、バイキング
イベントやレクレーションは祭

といった高齢者に人気のものを写真や動画でアピールしたいです。

写真はプロのカメラマンに依頼します。
プロとアマの差は言うまでもありませんが、機材やテクニック、編集にいたるまで格段に違います。

外注やプロに任せると200万〜300万円のイニシャルコストがかかります。しかし
ランニングコストはなんと
1000円かかりません。

お金を投資するポイントを考えましょう。